よもぎやの、よもやま話

この世はいいところだな♩

心の毒出しに集中したら被害者意識の塊が出てきたお話

自分の内面が、自分の現実を創ってる。

だから負の感情に蓋をして無理やり笑顔で生きてると上手くいかない現実になるんだよ。

 

こちらの記事の続きです↓↓↓

 

定期的に生きる事が面倒くさくなる。

そんな気持ちになった時は心の毒が表面に浮き出た時。これは私の思考の癖です。昨年12月、冬至を過ぎたあたりからモヤモヤ鬱々「死にたいなー」と重い感情が湧いていることに気づいたので、仕事納めの晩から早速心の毒出しに取り掛かりました。

死にたいな、と思いながらも

「この生鮭は・・・・バター醤油・・・・いや、塩で焼くか・・・・いや!!やっぱりバター醬油!!!!」と、鮭の焼き方で真剣に悩んでいるので生きる気満々なんですよね。

「この鮭超美味しい(^▽^)/」と子供たちから大絶賛され、そやろ~と嬉しいのも生きる気満々だからw

 

さて、一人になって自分に問いかけます。

「なぜ私は幸せになっちゃいけないの?」この時こう訊きたかったのでノートに書き込みました。瞬時に湧いた言葉は

 

私は汚いから

 

「?汚い??」なんでかわかりませんが、それを書いて更に湧いた言葉や感情をひたすら書きます。どの言葉も感情も全部大事な私。取りこぼすことのないように集中して書きなぐりました。どんどん書き進めていくうち、涙とともに行き着いたのは

  • 私は嘘ばかり
  • 嘘しかついてない
  • だから汚い人間だ

その言葉とある嫌な記憶でした。

物心つく頃から両親の仲が悪く、ただでさえ普段から厳しい躾の家なのに父と母の機嫌次第では、更にそれが厳しくなります。食事の時間すら楽しいと思えたことはただの一度もありません。だから私はいつも嘘をついていました。

お父さんにはお母さんの悪口を。

お母さんにはお父さんの悪口を。

上手くいけば、それぞれ機嫌がよくなり私が怒られなくてすむから。

怒られないように叩かれないように毎日必死だったことを思い出しました。思い出すことが出来たら、今現在の私と過去と結びつける作業です。

これをするには何故かいつもお風呂でしたくなる私。その日も本能に従いお風呂でイメージワーク。すると出ました出ました。

「なんで私ばっかり!!!」

「子供にこんなことさせるなんか最低や!!!」

「親なら気づくやろ!!!!」

被害者意識祭りです(;^_^A

あらかた出てしまうと自分の本音が見えてきます。とにかく出てきた感情全てを掬い取って、過去の自分や両親と対話して・・・。

終わるとぐったり。でもスッキリ。

引っかかる記憶が芋づる式にいくつもでてきたので、この作業を毎日行いました。そして迎えた大晦日。この時の私にとって最大の毒をだせました。その毒とは??

 

続く

f:id:yomogiya:20220219191734j:image

今日は良い雨降りでした

春がきますねぇ(^^)

 

蓬屋