よもぎやの、よもやま話

大分県でよもぎ蒸し屋さんをしています♪

言葉の再定義⑩ 「自由」の補足です

肝心なことを書き忘れました。

こちらの記事の補足です⇩

yomogiya.hatenablog.jp

前記事、気が付いたら2000文字を超えていたので慌てて終了したら

なんと一番書きたかった事を書き忘れていたので追加です。

 

それは

自由に生きることも

制限されて生きることも

どちらも自由

ということです。

 

ただし、私たちは生まれながらに

制限されている状態が当たり前で生きている

ので、

これに気が付いたうえで選択が出来ているか?がポイントです。

 

生まれた時から・・・なので

とことん嫌な目に遭ったり

病気になったりしない限り

何もなくその制限に自分から気が付く人って

本当に少数だと思います。

 

例えば住んでいるところ。

「海が好きだから、海が見える所に住んでいます」

これは一見すると自由に決めているように思えますが

探っていくと

本当は〇〇市の海が好きなんですが、職場がココなので

通える範囲で探して、▲▲市に住んでいます」

 

他にも

県外に出たかったけど、両親が望んでいないので地元に住んでいます」

職場に近いところは家賃が高いので、安いとこに住んでいます」

 

全部、自分で自由に決めている風ですが

見えない制約が潜んでいます。

 

 

  • 好きな場所に住んでいる
  • 好きな会社に勤めている
  • 好きな学校に通っている

の、前に

 

毎日会社に行かなければならない

毎日学校へ行かなければならない

だから通える範囲で住むところを選ばなければならない

 

この条件というか制約がありきで

その中から選んでいる、ということ。

 

そんなの当たり前ですよね?

と思ったなら、どっぷり制約の中にいるということになります。

 

当たり前じゃないんです。

本当の自由は「毎日何かをしなければならない」なんて

一切ありません。

 

だから会社に行けないとなると大騒ぎ、

不登校になると大騒ぎ。

 

会社や学校、住むところを例に挙げましたが、他にも見えない制約は恐ろしい程あります。

 

前記事の「500円以内の自由」と同じ。

500円以上になったら極悪非道なくらい責められる。

制約や制限から出た人間は排除しようとする社会。

 

なんでかというと

制限から出た相手が、実は羨ましいから。

私は我慢して頑張って会社行ってるのに!

私は我慢して頑張って学校行ってるのに!

なんでアンタは自由を手に入れてるのよ!!!

許せない!!!

と。

 

本当の自由って制限がありません。

働くのも自由、学校へ行くのも行かないのも自由。

毎日寝ていようが、毎日海外を飛び回ろうが、生きようが死のうが

ぜーんぶ自分で選んで良い。

 

本気で自由に生きているとご機嫌さんになります。

100%ご機嫌さんになります。

 

そうは言っても

皆がそんな好き勝手自由に生きたら

滅茶苦茶な世界になるじゃないですか!!!

(あんたみたいなのが居るから社会が乱れるんだ、とか言いたい?)

 

ならないんです。

何故かというと

自分がご機嫌さんな時って、絶対他人に優しくなれるから。

 

すっごくご機嫌な時

めっちゃ気分が良い時に

誰かから「ばーか!」って言われても

 

「あらあら、きっと

お風呂で立ち上がる時に

水道の蛇口でお尻をガリッとやったのね~」

それで腹を立てているんだわ~(*´▽`*)

と、温かく聞き流せます。

 

 

ということで、

自分が生まれながらに制限のある社会で生きていて

どうもその制約を疑いもせずに受け入れているらしい。

 

という事実を知った上で

  • 自由に生きるか
  • 自由に生きないか

を決めると、よりスムーズに生きられるかと思います。

 

知らなくて制限のある生き方をしていると

「なんで私ばっかりこんな目に遭うの!?」

となりますが

私は制限のある生き方がしたい!と選んだら

肚が決まるというか、覚悟が出来るので

その制限も楽しめる・・・はず???

↑ここらへんの感覚は私が分からないのでなんとも言えませんが(^▽^;)

だって制限のある生活はもう嫌だから(あくまでも私は、です)

 

蓬屋

f:id:yomogiya:20220917171928j:image

先日、ブラットピット様に会いに映画館へ行ってまいりました。うちのお客様から「ブレッドトレイン」と聞いたときに「パン屋さんの映画」だと思い込んでいたら、殺し屋のお話でした。ビックリ。あまりにビックリして長女にLINEしたら「bread違いやん」と。仰る通り。